2016年7月6日水曜日

スペイン国鉄(Renfe) 特急ALVIAで ガリシア地方へ 1等往復チケット 58.75ユーロ ~iPhone6で予約・決済 日本 発行Visaカード使用

7月に、スペインへ行きます。マドリッドから、スペイン、西北端ガリシアのア・コルーニャから、巡礼の道「聖地サンティアゴ」迄、ふらっと回る予定です。ガリシア地方は、巡礼などで行かれる方を除けば、マイナーな観光地ではないかと・・・

 マドリッドとガリシアのア・コルーニャ、サンティアゴ・デ・コンポステーラの往復は、Renfe(スペイン国鉄)を使うことにしました。

 Renfe(スペイン国鉄)のチケットですが、今回、iPhone6を使い、Renfeのアプリから、手続きをしました。私の場合、このアプリを使うのは2回目ですが、初めての場合、iPhone6に、あらかじめ、下記のRenfe(スペイン国鉄)のアプリを入れておく必要があります。アプリを開いたら、予約手続きは、一番上のの「Timetable/Purchase」からおこないます・・・


 ヨーロッパの鉄道、ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、チェコ、ポーランドなどWEBサイトからオンライン予約が出来るので便利です。スペインのRenfe(スペイン国鉄)も、同じですが、唯一の難点は、日本発行のクレジットカードの場合、決済で撥ねられることが多いので工夫が必要です。

 Renfeのアプリ、比較的使い易く、英語にも対応しています。最初に「Settings」のところで、言語、英語とスペイン語が選べますので、英語にしておけば困らないと思います。


上記のように、出発地、目的地を選び、乗車日時を設定してやれば、下記のように、列車時刻、予約可能な料金がが出てきます。運賃の種類などの詳細は、以前、下記のブログに記載してありますので、参照して下さい。

◎スペイン国鉄・Renfe 「サンセバスチャン→バルセロナ」のPreferente(1等)チケット~プロモ価格 25ユーロで購入 iPhone6Plusを使って簡単でした!
http://tabitabi2400016.blogspot.jp/2014/12/renfe-preferente1-25-iphone6plus.html


 今回は、スペイン国鉄の特急ALVIAを往復利用します。私は、早割運賃で、2ヵ月前に購入しています。マドリッド→ア・コルーニャの1等、29.75ユーロでしたが、現在、Preferente(1等)74.40ユーロ、Turista(2等)57.20ユーロとビックリするような価格になっています。復路のサンティアゴ・デ・コンポステーラ→マドリッド、29ユーロでした。往復で58.75ユーロ=約7,000円でした。

 スペインに限らず、ヨーロッパの鉄道は、ギリギリに買うと滅茶苦茶割高になり、早割の1等料金より、ギリギリで買う2等料金の方が高い、逆転現象がおきます。

 Renfe(スペイン国鉄)のアプリからの予約、座席指定も、リクエスト出来ますが、今回は、1等なので、自動割り当てにしました。結果、どちらも通路側指定になっていました。

最大の難問 支払い方法ですが・・・VISAのVpass登録

 Renfe(スペイン国鉄)の予約、アプリからに限らず、オンラインでやる場合、決済で引っかかる場合が多いようです。

 支払い方法は、通常、クレジットカード決済になります。また、クレジットカード以外に、PAYPALが選択可能です。スペイン国鉄・RenfeのWEBサイトからの予約の場合、日本のクレジットカード、結構弾かれます。

 日本のクレジットカードですが、VISAのVpass登録をしてあれば、RenfeのWEBでも、ほぼ大丈夫のようです。私も、今回、ANA/VISAカードで、Vpassを使って決済しました。どうしても、クレジットカードが弾かれる場合、PAYPAL利用も検討されたら宜しいかと思います。前回は、PAYPAL決済をしており、その時の経過は、上記で紹介したブログに記載してあります。




Renfeのチケット、ポップアップ、もしくはメールで送付されるPDFファイルをプリントアウトすれば乗車券になります。また、iOSの端末がある場合、Passbookに登録して使うことも可能です。上記写真が、Passbookの乗車券になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿